借金を減額できる3つの方法

債務整理とは弁護士や裁判所の力を借りることにより、
借金問題の解決・将来利息の減額などを実現する手続きです。
債務整理には以下の3つがありそれぞれ特徴が異なります。

任意整理

貸金業者と弁護士・司法書士の交渉によって、利息をカットして月々の返済額を見直す。裁判所を介さないことなどから、リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い。

個人再生

裁判所を通して、3年で完済できる金額(約5分の1)に借金を圧縮する手続き。継続した収入を得ていることが条件。

自己破産

裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで、返済を全額免除してもらう手続き。借金はなくなるが、自分の財産も全て失ってしまう。